アングル:北朝鮮非核化交渉が行き詰まっている理由

ロイター / 2019年12月10日 14時49分

[ソウル9日ロイター]-北朝鮮の非核化交渉は、10月にストックホルムで米朝実務者協議が物別れに終わって以来、全く進展が見えない。 金正恩朝鮮労働党委員長は、米国が交渉姿勢を改める「期限」を年末に設定している。米政府はこうした期限を作為的だとして重要視していない。 一方で北朝鮮の金星国連大使は「非核化は既に交渉のテーブルから外れている」と発言した。以下で両国の言い分が対立し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング