写真

 新型コロナウイルスの感染流行に伴うロックダウンの後、世界経済の回復はどのような形状になるのだろうか。写真は北京で7日撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

[ロンドン9日ロイター]-新型コロナウイルスの感染流行に伴うロックダウン(都市封鎖)の後、世界経済の回復はどのような形状になるのだろうか。急回復のV字形か、緩やかなU字形か、いったん回復した後に2番底に入るW字形か─。 50人強のエコノミストを対象にしたロイター調査で、今年の世界経済の成長率予想は平均でマイナス1.2%。レンジはマイナス6%からプラス0.7%だ。 INGリサーチのマクロ部門責任者カルステン・ブルゼスキ氏は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング