写真

 10月11日、ファーストリテイリングが中国事業について強気の戦略を崩していない。写真はユニクロのロゴ、北京市内で2014年5月撮影(2018年 ロイター/Petar Kujundzic)

[東京11日ロイター]-ファーストリテイリングが中国事業について強気の戦略を崩していない。2018年8月期の台湾、香港を含めた「グレーターチャイナ」の売上高は前年比26.9%増の4398億円、営業利益は同47.1%増の737億円と大きく伸びた。中国景気減速の影響が懸念される今期も大幅な増収増益を見込んでいる。 「中国や東南アジアはまだ出店によって伸ばしていく余地がある」。岡崎健グループ上席執行役員・CFO(最高財務責任者)は11日の決算会見でこう述べ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング