韓国軍の内部ネットワークに対する昨年9月のハッキングで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の暗殺作戦を含む米韓両軍の最新軍事計画など機密資料295件が流出していたと、国会国防委員会に所属する与党「共に民主党」の李哲煕(イ・チョルヒ)議員が10日、明らかにした。北の犯行とみられており、流出が確認された中には、正恩氏ら北の指導部を狙った「斬首作戦」を盛り込んだ「作戦計画5015」が含まれている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング