写真

 2月11日、米カリフォルニア州のニューサム新知事(民主党・写真)は、メキシコ国境近辺に派遣した数百人の州兵の3分の2以上を撤収する行政命令に署名し、メキシコ国境で不法移民の危機が起きているとの主張は「政治的な茶番」に過ぎないとの見方を示した。昨年11月にロサンゼルスで撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[サクラメント(米カリフォルニア州)11日ロイター]-米カリフォルニア州のニューサム新知事(民主党)は11日、メキシコ国境近辺に派遣した数百人の州兵の3分の2以上を撤収する行政命令に署名し、メキシコ国境で不法移民の危機が起きているとの主張は「政治的な茶番」に過ぎないとの見方を示した。 知事は、メキシコ国境に派遣された約360人の州兵の大半は新たな任務に再配置され、約100人は麻薬密輸や麻薬カルテルを取り締まるタスクフォースのメンバーとして国境付近に残留させる方針を示した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング