写真

日馬富士(中央)は「待った」を主張したが、構わず寄り切った琴奨菊(右)の勝ち(夕刊フジ)

■大相撲秋場所3日目(12日、両国国技館)「勝ったことは素直にうれしいね」と琴奨菊が絞り出すように言った。大関時代を思い出すような日馬富士との結びの一番。行司の軍配が返り、立ち合いは成立したのに、突っ込んだ日馬富士が「待った」と力を抜き棒立ちになったところを、いとも簡単に寄り切った。キツネにつままれたような館内からは“怒りの座布団”も飛んだが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング