「球団満足度調査」流出でプロ野球選手会VS経営者側に新たな火種 DeNAが断然の最下位

夕刊フジ / 2017年10月13日 17時6分

労組・日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)が11日、巨人・山口俊投手に対する処分(総額1億円を超える罰金・減額など)の軽減問題に関して、東京都労働委員会に不当労働行為救済申し立てを行い、東京都庁で記者会見した。「山口選手に対して行った処分は、当会の組合員全員の労働条件に影響を与える可能性がある」選手会側は、問題が山口個人にとどまらない点をアピールした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング