写真

 10月13日、神戸製鋼所は、これまでに性能データ改ざんが発覚したアルミ・銅製品などに加え、グループ会社においてさらに銅合金管・モールドなどの9製品で検査データ書き換えなどの不正行為があった、と発表した。写真は謝罪する川崎博也会長兼社長。都内で撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京13日ロイター]-神戸製鋼所は13日、これまでに性能データ改ざんが発覚したアルミ・銅製品などに加え、グループ会社においてさらに銅合金管・モールドなどの9製品で検査データ書き換えなどの不正行為があった、と発表した。 このうち、5製品は安全性を含む品質影響について、技術的検証を進めている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング