ゴーン会長の解任再び見送り、現時点で不正見つからず=ルノー

ロイター / 2018年12月14日 5時49分

[パリ/東京13日ロイター]-仏自動車大手ルノーは13日に開いた取締役会で、日本で逮捕されたカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)の解任を再び見送った。ゴーン氏の報酬に関する内部調査の結果、現時点で不正は見つからなかったという。5時間に及ぶ取締役会の後、声明を出した。 ルノーは11月20日の取締役会で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング