新型iPhoneX、14万円は高いか安いか 顔認証技術や無線充電など新機能満載だが…

夕刊フジ / 2017年9月14日 17時12分

米アップルは12日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型を発表した。注目されたのは10周年モデルの最高級機種「X(テン)」で、高精細の有機ELを採用、表のほぼ全面が画面となるなど大きく進化したが、大容量モデルの税込み価格は14万円を超える。果たして高いか安いか。「X」は有機ELをiPhoneとして初めて採用、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング