写真

FC東京の次期監督候補に森保氏を挙げたのは、事情を知らない株主サイドだった(夕刊フジ)

サッカーJ1・FC東京のドタバタが止まらない。公式戦5連敗となったことで篠田善之監督(46)を10日付で解任。後任の第一候補としてJ1・広島の森保一前監督(49)をリストアップしたまではよかったが、同氏は日本協会が東京五輪監督の有力候補としている。これを知ったチーム株主側が「それを無視して交渉するわけにはいかない」と森保氏をリストから外すことを検討している。クラブ強化は2015年に就任した立石敬之GM(49)がトップ。しかし昨年に続き、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング