日経平均は急反発、トルコリラ安一服で買い戻し 高値引け

ロイター / 2018年8月14日 15時26分

[東京14日ロイター]-東京株式市場で日経平均は急反発した。前日までの大幅安の反動で買いが先行し、寄り付きで節目の2万2000円を突破。その後先物主導で買われた。上げ幅は500円近くに拡大し、高値引けとなった。トルコリラ安の一服などを背景にリスク回避ムードが後退し、ショートカバーを誘発した。 東証1部の売買代金は2兆0533億円。主要企業の決算発表が一巡しつつある中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング