写真

 11月13日、南米ボリビアでモラレス前大統領を支持する数千人が首都ラパスに集まり、警官隊と衝突した。また、与党議員は、野党出身のアニェス上院副議長の暫定大統領就任を受け入れておらず、政情混乱が続いている。写真は警官隊ともみ合うデモ参加者。ラパスで撮影(2019年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[ラパス13日ロイター]-南米ボリビアで13日、モラレス前大統領を支持する数千人が首都ラパスに集まり、警官隊と衝突した。また、与党議員は、野党出身のアニェス上院副議長の暫定大統領就任を受け入れておらず、政情混乱が続いている。 ボリビアでは、モラレス氏が10日、不正選挙疑惑で広がった抗議に押されて大統領職の辞任を表明。メキシコへと亡命した。 同国の憲法では大統領と副大統領が空席となった場合、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング