写真

 2月14日、フランスのマクロン大統領は13日、アルプスの最高峰モンブランの主要氷河融解は地球温暖化の反駁(はんばく)不能な証拠だとして、訪問中のメールドグラス地域の保全対策を発表した。写真はパリで1月代表撮影(2020年 ロイター)

[シャモニー(フランス)13日ロイター]-フランスのマクロン大統領は13日、アルプスの最高峰モンブランの主要氷河融解は地球温暖化の反駁(はんばく)不能な証拠だとして、訪問中のメールドグラス地域の保全対策を発表した。 フランス語で氷の海を意味するメールドグラスには同国最大の氷河があり、大統領はここで科学者らと面会。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング