[ベルリン14日ロイター]-欧州連合(EU)欧州委員会のベステアー委員(競争政策担当)は14日、独紙ターゲスシュピーゲルに対し、米アップルが同社のアプリダウンロードサービス「Appストア」を活用して、競合他社に対して有利な立場を得ているかどうか調査することを検討していると語った。 委員は、欧州委が米グーグルに対して、支配的な地位を利用して競合他社を不利にしていたとして罰金を科した事例と、アップルが類似しているかどうかを調べると述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング