写真

世界保健機関(WHO)によると、コンゴ民主共和国の西部でエボラ出血熱が拡大しており、これまでに約50人の感染が確認されている。エボラ患者からでたゴミを焼却する職員、コンゴで2019年10月撮影。(2020年 ロイター/Zohra Bensemra)

[ジュネーブ13日ロイター]-世界保健機関(WHO)によると、コンゴ民主共和国(旧ザイール)の西部でエボラ出血熱が拡大しており、これまでに約50人の感染が確認されている。 WHOで緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン氏は、6月1日に当局が感染拡大を発表して以来、コンゴ民主共和国のエカトゥール州で48人の感染が確認されているほか、3人の疑い例が見つかり、20人が死亡していると述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング