写真

<description role="descRole:caption"> 11月9日、サウジアラビアは、汚職の取り締まりで拘束された数十人に上る上級官僚や実業家の資産を没収する予定だが、過去に不正資金の回収を試みたアラブ2カ国の例を見れば、それが容易な道ではないことは明らかだ。写真は摘発された国際投資家のワリード・ビンタラール王子。2013年、ロンドンで撮影(2017年 ロイター/Neil Hall) </description>

SaeedAzharandJoshuaFranklin [ドバイ/チューリッヒ9日ロイター]-サウジアラビアは、汚職の取り締まりで拘束された数十人に上る上級官僚や実業家の資産を没収する予定だが、過去に不正資金の回収を試みたアラブ2カ国の例を見れば、それが容易な道ではないことは明らかだ。 エジプトとチュニジアにおける過去の経験に照らせば、サウジアラビア政府が海外で保管されている不正取得金を取り戻すには、何年もの法的・外交的な苦闘が必要になりそうだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング