写真

 11月14日、米アルファベット傘下のグーグルが反トラスト法(独占禁止法)に抵触したかどうかを調査している米国各州の司法長官は、調査対象を同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」の事業に拡大する方針だ。ロンドンで1月18日撮影(2019年 ロイター/Hannah McKay)

[14日ロイター]-米アルファベット傘下のグーグルが反トラスト法(独占禁止法)に抵触したかどうかを調査している米国各州の司法長官は、調査対象を同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」の事業に拡大する方針だ。CNBCが14日、事情に詳しい関係者の話として報じた。 調査はテキサス州の司法当局が中心となって9月に開始。それ以降、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング