写真

<description role="descRole:caption"> 11月14日、ローマ法王フランシスコ(写真)は、ハイテク企業幹部と投資家は子どもの安全より利益を優先した場合に説明責任に問われるべきとの見解を示した。写真はバチカンで13日撮影(2019年 ロイター/Remo Casilli) </description>

[バチカン市14日ロイター]-ローマ法王フランシスコは14日、ハイテク企業幹部と投資家は子どもの安全より利益を優先した場合に説明責任に問われるべきとの見解を示した。これには、ウェブ上のポルノに簡単にアクセスできる状況からの保護なども含まれるとしている。 法王は、バチカンで行われたデジタル環境下での子どもの尊厳の推進に関する会議の冒頭で演説し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング