「脳死」発言の仏大統領、対ロシア関係改善やEU拡大否定も主張

ロイター / 2019年11月15日 14時17分

[ロンドン14日ロイター]-英エコノミスト誌のインタビューでの「北大西洋条約機構(NATO)は脳死」発言で、先週の紙面を賑わせたマクロン仏大統領。だが、マクロン氏はこのインタビューで、ロシアとの関係改善に前向きな姿勢を示し、欧州連合(EU)拡大に否定的な見解も表明しており、長期的にはこうした点がより大きな波紋を呼びそうだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング