写真

 11月14日、ロシアのプーチン大統領(写真)は、ボリビアは混沌寸前の状況にあり、モラレス前大統領が10日に辞任した後に権力の空白が生まれていると指摘した。ブラジリアで代表撮影(2019年 ロイター)

[ブラジリア14日ロイター]-ロシアのプーチン大統領は14日、ボリビアは混沌寸前の状況にあり、モラレス前大統領が10日に辞任した後に権力の空白が生まれていると指摘した。 プーチン大統領は、ブラジリアで開かれた、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会合で記者団に、ボリビアで次に誰が元首になろうと、ロシア政府との協力を継続するよう期待していると述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング