写真

<description role="descRole:caption"> 1月14日、イランのロウハニ大統領(写真)は、テレビ演説で、革命防衛隊が誤射したミサイルによるウクライナの旅客機撃墜について、責任のある者はすべて処罰すると言明し、「悲劇的な出来事」を徹底的に調査すると語った。写真は昨年12月都内での代表撮影(2020年/ロイター) </description>

[ドバイ14日ロイター]-イラン司法府は14日、ウクライナの旅客機撃墜に関与した複数の人物を逮捕したと明らかにした。また、当局が当初の主張を一転させ、革命防衛隊が誤って同機を撃ち落としたと認めて以来続いている抗議活動に参加した30人を拘束したと述べた。 イランのロウハニ大統領はこの日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング