1. トップ
  2. トピックス
  3. 国際
写真

 9月14日、インドの公的研究機関は、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した国内の医療従事者614人を対象とする研究で、1回目の接種から4カ月以内に抗体量が「大幅に」減少する結果が示されたと発表した。ニューデリーで8月31日撮影(2021年 ロイター/Adnan Abidi)

[ブバネーシュワル(インド)14日ロイター]-インドの公的研究機関は、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した国内の医療従事者614人を対象とする研究で、1回目の接種から4カ月以内に抗体量が「大幅に」減少する結果が示されたと発表した。 研究結果は、インド政府がワクチンの追加接種(ブースター接種)を行うかどうかを判断する際の材料となる可能性がある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング