1. トップ
  2. トピックス
  3. 国際
写真

9月14日、米陸軍は、新型コロナウイルスワクチンの接種を拒んだ兵士は停職や除隊処分になる可能性があることを明らかにした。写真は3月、マイアミでワクチン接種を行う兵士(2021年 ロイター/Marco Bello)

[15日ロイター]-米陸軍は14日、新型コロナウイルスワクチンの接種を拒んだ兵士は停職や除隊処分になる可能性があることを明らかにした。 米食品医薬品局(FDA)は8月、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンを正式承認。オースティン米国防長官は、現役の軍人は全員接種を受けるよう命令した。 陸軍は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング