仏政府、ルノーのゴーン会長解任模索 20日にも取締役会=関係筋

ロイター / 2019年1月16日 8時27分

[パリ15日ロイター]-フランス政府が、自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)解任に動き始めた。取締役会に後任候補の検討を要請した。関係筋がロイターの取材で明かした。 同筋によると、政府はルノーに指名委員会会合を開催した上で20日に全体取締役会を招集するよう要請したという。 ルノーの広報担当者と仏財務相当局者はいずれも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング