写真

 米アルファベット子会社グーグルがスマホアプリ利用者の行動を違法に記録しているとして、カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁に7月14日、集団訴訟の認定を求める訴えが起こされた。写真はチューリヒで1日撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[オークランド(米カリフォルニア州)14日ロイター]-米アルファベット子会社グーグルがスマホアプリ利用者の行動を違法に記録しているとして、カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁に14日、集団訴訟の認定を求める訴えが起こされた。 申し立てによると、利用者がグーグルによってウェブやアプリの使用履歴を記録されないようにする「オプトアウト」設定の手順を踏んでいるにもかかわらず、同社は「ファイアーベース」というバックエンド用のモバイルプラットフォームを通じて、行動を追跡。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング