写真

9月16日、トランプ米大統領は、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃に関する一連のツイートのなかで、米国は石油生産量で世界のトップに躍り出たため、中東産原油は必要がなくなったとの見方を示した。ホワイトハウスで撮影(2019年 ロイター/Sarah Silbiger)

[ワシントン16日ロイター]-トランプ米大統領は16日、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃に関する一連のツイートのなかで、米国は石油生産量で世界のトップに躍り出たため、中東産原油は必要がなくなったとの見方を示した。 トランプ氏は「米国はエネルギーの純輸出国で世界最大のエネルギー生産国だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング