写真

 10月15日、トルコは、米制裁や、攻撃停止を求める声の高まりにもかかわらず、シリア北部でのクルド人勢力に対する攻撃を継続した。写真はトルコ側からシリアのラスアルアインで確認された黒煙(2019年 ロイター/STOYAN NENOV)

[マンビジ(シリア)/ロンドン/モスクワ15日ロイター]-トルコは15日、米制裁や、攻撃停止を求める声の高まりにもかかわらず、シリア北部でのクルド人勢力に対する攻撃を継続した。米軍撤退を受けて、ロシアが支援するシリア軍が軍事的な要衝であるマンビジを勢力下に置くなどの動きが出ている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング