アングル:日経平均、高揚感なき高値更新 支えは自社株買い

ロイター / 2019年10月16日 18時45分

杉山健太郎 [東京16日ロイター]-日経平均株価は16日に年初来高値を更新したものの、市場に高揚感は乏しい。米中通商交渉に不透明感が残る中、徐々に上げ幅を削る展開となり、売買ボリュームの増加も限定的だった。過去最高水準の自社株買いが下値を支えるとみられるが、海外材料には「失望リスク」が付きまとう。 日経平均は11日からの3営業日で一時1000円を超える上昇をみせたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング