写真

米議会下院の運輸・インフラ委員会は16日、米航空機大手ボーイング旅客機「737MAX」の墜落事故2件を巡る調査の結果、ボーイングと米連邦航空局(FAA)が過ちを「恐ろしいほど積み上げた」との見解を示した。シアトルで6月撮影(2020年 ロイター/Karen Ducey)

[ワシントン16日ロイター]-米議会下院の運輸・インフラ委員会は16日、346人の乗客・乗員が死亡した米航空機大手ボーイング旅客機「737MAX」の墜落事故2件を巡る18カ月間にわたる調査の結果、ボーイングと米連邦航空局(FAA)が過ちを「恐ろしいほど積み上げた」との見解を示した。 委員会は最終報告書でボーイングとFAAを厳しく批判。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング