香港行政長官が逃亡犯条例巡り市民に謝罪、デモ隊は辞任要求

ロイター / 2019年6月17日 8時41分

[香港16日ロイター]-香港政府トップの林鄭月娥行政長官は16日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の取り扱いを巡って市民に謝罪した。一方、改正案の撤回と林鄭氏の辞任を求める大規模デモがこの日も実施された。 主催者によると、同日のデモ参加者は200万人近くに上った。林鄭氏は前日に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング