写真

9月10日、外国為替市場は指標の不正操作問題に見舞われてから5年余りが経過したが、一握りの大手銀行が取引を支配する状況はかつてないほど強固で、それが揺らぐ気配は見えない。写真は各国紙幣。2016年1月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee/Illustration)

[ロンドン10日ロイター]-外国為替市場は指標の不正操作問題に見舞われてから5年余りが経過したが、一握りの大手銀行が取引を支配する状況はかつてないほど強固で、それが揺らぐ気配は見えない。 ただ水面下では、いくつかの新興企業が大手行の覇権に挑戦しようとしている。彼らが提供するのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング