「責任感持ち、謙虚に」=戸倉新判事が就任会見―最高裁

時事通信 / 2017年3月14日 21時24分

14日付で最高裁判事に就任した裁判官出身で前東京高裁長官の戸倉三郎氏(62)が同日、最高裁で記者会見し、「責任感を持って、謙虚な気持ちで事件に向き合いたい」と抱負を語った。一橋大法学部に進学し、1979年に司法試験に合格した。当初は弁護士志望だったが、修習生時代に自分の責任で裁判を進め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング