肥田舜太郎さん死去=被爆した医師、100歳

時事通信 / 2017年3月20日 22時53分

肥田舜太郎氏(ひだ・しゅんたろう=医師)20日午前8時2分、肺炎のため埼玉県川口市の病院で死去、100歳。岐阜県出身。葬儀は26日午前10時半からさいたま市浦和区瀬ケ崎3の16の10のさがみ典礼北浦和葬斎センターで。喪主は長男泰(ゆたか)氏。軍医として勤務中に広島で被爆し、直後から被爆者の治療に当たった。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の中央相談所理事長などを務め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング