岸田文雄外相は21日午前の閣議後の記者会見で、北朝鮮が新型の高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験を行ったと主張していることに関し、「いかなる事態にも対応できるよう高度の警戒態勢を備えておかなければならない。国民の命や暮らしを守るため万全の態勢を敷く」と述べた。 [時事通信社] [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング