退位後の呼称・役割で意見聴取=有識者会議、2カ月ぶり再開

時事通信 / 2017年3月22日 9時47分

天皇陛下の退位をめぐる政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は22日午前、約2カ月ぶりに会合を首相官邸で開いた。今の陛下の退位を認める特例法制定に向け、退位後の呼称や役割などの検討に着手し、専門家4人から意見を聴取。4月21日にも最終提言をまとめ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング