「安全保障上の問題も」=米高官がWH破産に懸念

時事通信 / 2017年3月29日 6時51分

【ワシントン時事】東芝の米原発子会社ウェスチングハウス(WH)が28日に連邦破産法11条適用を申請することに関して、米政府高官は同日、「安全保障上の問題になり得る」との懸念を示した。ロイター通信が報じた。報道によると、高官は「米政府は日本政府に対して、事務レベルで静かに懸念を伝える」と説明。「いくつかの事柄が悪い形で重なれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング