初の米艦防護実施へ=海自護衛艦、5月1日に出港―安保法新任務、房総~四国沖

時事通信 / 2017年4月30日 12時30分

安全保障関連法に基づき、自衛隊が平時から米軍の艦船を守る米艦防護が、5月1日にも初めて実施されることが分かった。政府関係者が30日、明らかにした。稲田朋美防衛相の命令を受け、海上自衛隊の護衛艦が米海軍の補給艦を守りながら、房総沖から四国沖まで航行する。平時の米艦防護は、昨年3月に施行された安保法に基づく自衛隊の新任務。南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊に付与された「駆け付け警護」に続く任務で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング