デビュー後連勝記録15に=最年少将棋棋士の藤井四段

時事通信 / 2017年5月1日 21時18分

中学3年生の最年少将棋棋士、藤井聡太四段(14)が1日、東京都内で行われた第30期竜王戦予選で金井恒太六段(30)に勝ち、プロデビュー後の公式戦連勝記録を15に伸ばした。藤井四段の次の対局は4日の新人王戦。藤井四段は「15連勝できたのは驚きで、とてもうれしい。プロとしてやっていける自信になった」と話した。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング