与野党が北朝鮮非難

時事通信 / 2017年5月14日 12時45分

北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、与野党幹部は14日、北朝鮮を一斉に非難した。自民党が党本部で開いた対策本部役員会で、本部長代理の茂木敏充政調会長は「断じて容認できない」と強調、「党として政府と緊密に連携を取りながら万全の対応を取っていく」と述べた。同党は15日に対策本部会合を開く。民進党の岡田克也前代表は「北朝鮮の行動は危険極まりない行為で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング