東芝の記憶用半導体フラッシュメモリー事業の売却が19日、2次入札の期限を迎えた。米投資ファンドのベインキャピタルと韓国の半導体大手SKハイニックスの連合が応札したほか、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が条件を提示したもようだ。政府系ファンドの産業革新機構、日本政策投資銀行、米投資ファンドなどによる日米連合は同日は応札を見送り、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング