ロイター通信は18日、米大統領選の選挙戦中の昨年4月から11月にかけて、フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)らトランプ陣営関係者が少なくとも18回にわたり、ロシア当局者らと電話やメールで接触していたと報じた。事実とすれば、トランプ陣営とロシア側の密接な接触を裏付けるもので、両者が共謀して大統領選に干渉したという「ロシア・ゲート」疑惑が深まる可能性もある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング