芥川・直木賞候補決まる=今村、柚木、宮内さんら

時事通信 / 2017年6月20日 5時10分

第157回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表された。芥川賞は、共に2度目の候補となる今村夏子さん(37)と古川真人さん(28)ら4人。直木賞は、4度目の柚木麻子さん(35)、3度目で前回は芥川賞にノミネートされた宮内悠介さん(38)、初候補の佐藤正午さん(61)ら5人。選考会は7月19日午後5時から東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。候補作は次の通り(敬称略)。【芥川賞】今村夏子「星の子」(小説トリッパー春号)▽温又柔「真ん中の子どもたち」(すばる4月号)▽沼田真佑「影裏(えいり)」(文学界5月号)▽古川真人「四時過ぎの船」(新潮6月号)【直木賞】木下昌輝「敵の名は、…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング