九州と四国、大雨警戒=気象庁

時事通信 / 2017年7月8日 17時56分

西日本では8日、停滞する梅雨前線の影響で局地的に激しい雨が降った。気象庁は9日にかけても九州と四国を中心に大雨の恐れがあるとして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。落雷や突風にも注意が必要。徳島県那賀町では8日午後3時25分ごろまでの1時間に71.5ミリ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング