死者21人、続く捜索=孤立は解消方向へ―九州豪雨

時事通信 / 2017年7月10日 6時16分

九州北部を襲った記録的な豪雨で、甚大な被害が出た福岡県朝倉市などでは10日も、連絡が取れなくなっている20人以上の捜索や安否確認が続けられた。同県と大分県ではこれまでに計21人の死亡が確認されている。大分県日田市では約150人の孤立状態が続くが、同日までに一部地区で解消。県によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング