サイバー対策待ったなし=攻撃進化、狙われる開会式―東京五輪

時事通信 / 2017年7月17日 10時7分

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、サイバーセキュリティー対策が喫緊の課題となっている。世界が注目する五輪はハッカー集団の格好の標的で、万一被害が出れば国の威信にも関わる。サイバーテロというえたいの知れない「敵」にどう対処するか、政府の姿勢が問われている。「対策に『やり過ぎ』という文字はない」。政府関係者は今年5月に世界規模で拡大したサイバー攻撃を念頭にこう気を引き締める。攻撃をめぐり北朝鮮犯行説も飛び交ったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング