稲田防衛相、日報で引責辞任=首相の任命責任必至―改造まで外相が兼務

時事通信 / 2017年7月28日 11時24分

稲田朋美防衛相は28日午前、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報をめぐる問題の責任を取り、安倍晋三首相に辞表を提出し、受理された。稲田氏は記者会見して日報に関する特別防衛監察結果を発表し、辞任を正式に表明した。稲田氏を抜てきした安倍晋三首相の任命責任が問われるのは必至で、先の東京都議選惨敗に続き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング