天皇退位期日、19年春望む声=年末年始は多くの宮中行事

時事通信 / 2017年8月5日 14時42分

天皇陛下が退位をにじませたお言葉を表明されてから8日で1年。退位と新天皇即位の期日について、宮内庁では2019年春の年度替わりが望ましいとの見方が広がっている。政府は「18年末退位、19年元日改元」を軸に検討しているとされるが、年末年始は宮中で行事や祭祀(さいし)が集中するため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング