沖縄県宜野湾市の沖縄国際大は13日、隣接する米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプターが2004年に構内へ墜落、炎上した事故から13年を迎えたことを受け、集会を開いた。前津栄健学長は輸送機オスプレイの相次ぐ事故に言及、「危険この上ない普天間を即時閉鎖、撤去することを、改めて日米両政府に強く要求する」と表明した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング