3日徹夜の「猟師かんこ踊り」=三重県松阪市〔地域〕

時事通信 / 2017年8月18日 10時17分

三重県松阪市猟師町で13日夜~16日朝、初盆を迎える家の庭先などで、「かんこ」と呼ばれる太鼓をたたきながら夜通し踊る「猟師かんこ踊り」(県指定無形民俗文化財)が催された。踊りは日が沈んでから町内一帯で1軒1軒順番に行われ、今年は3晩で計27軒の家を回った。踊り手は紺色の法被姿で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング